ここからポーラ文化研究所のコンテンツナビゲーション


ここからコンテンツ情報

ポーラ文化研究所の出版物

ポーラ文化研究所では、化粧、髪型、よそおいの文化について、わかりやすくご紹介する書籍を多数刊行しています。お気軽にお問い合わせください。

新刊情報

Fashion and Make-up of Edo Beauties Seen in Ukiyo-e Prints
The POLA Research Institute of Beauty & Culture Collection

A4判 126頁 定価(本体3,000円+税) 発行日2018年2月15日

「浮世絵にみる江戸美人のよそおい」の英語翻訳版浮世絵42点を掲載。2枚続や3枚続の浮世絵は、見開きページで大きく展開、迫力あるページ構成になっています。江戸美人の粋なよそおいが鑑賞できると共に、今までとは違った浮世絵の見方ができる江戸風俗の資料としてご活用いただけます。

Fashion and Make-up of Edo Beauties Seen in Ukiyo-e Prints

ポーラ文化研究所コレクション「浮世絵にみる江戸美人のよそおい」

A4判 198頁 定価(本体3,300円+税)

ポーラ文化研究所が収集してきた江戸時代の化粧風俗をさまざまな角度で描いた浮世絵を一挙77点掲載。 当時の女性たちがどのような化粧や髪型、衣裳などを身につけていたのか、身分や職業などの違い、生活の様子などを詳しく読み解いています。

書籍版 ポーラ文化研究所コレクション
「浮世絵にみる江戸美人のよそおい」装丁

書籍とデジタルブック

 日本のよそおい

浮世絵にみる江戸美人のよそおい

江戸時代の化粧風俗がわかる浮世絵版画を77点掲載
DVD版では浮世絵を高画質ズーム拡大でお楽しみいただけます。

書籍 浮世絵にみる江戸美人のよそおい
書籍
定価(本体3,300円+税)
書籍 浮世絵にみる江戸美人のよそおい
DVD
定価(本体1,500円+税)
結うこころー日本髪の美しさとその型

結髪の再現をはじめ、江戸から明治期にかけて流行した日本髪のスタイル64点を紹介。初版から10余年を経ても需要の絶えないロングセラー本です。

書籍 結うこころー日本髪の美しさとその型
書籍
定価(本体2,500円+税)
CD 結うこころ-日本髪の美しさとその型- 装丁
CD
定価(本体762円+税)
デジタル年表「近・現代化粧文化史年表」

DISC1「近現代化粧文化史年表」
明治維新〜昭和までの121年間の約5,100件の事象を収録

DISC2「明治・大正・昭和の化粧文化」
年表記載の事象について、時代背景と変遷の過程を解説

デジタル年表「近・現代化粧文化史年表」
CD2枚組
定価(本体10,000円+税)

DISC2は「明治・大正・昭和の化粧文化―時代背景と化粧・美容の変遷」として書籍化しました

「明治・大正・昭和の化粧文化―時代背景と化粧・美容の変遷」
書籍
定価(2,000円+税)

■ CD-ROM版は既刊書籍の内容を電子化し、パソコン画面上でページをめくりながら閲覧いただけます。

眉の文化史

眉の文化史

化粧史文献資料年表

化粧史文献資料年表

 西洋のよそおい

世界の櫛

世界の櫛

映像資料

<化粧シリーズ> ※フィルムより転写の際の画像のみだれが有りますのでご了承ください。

日本の化粧 装丁

日本の化粧

島原の太夫 装丁

島原の太夫

眉化粧 装丁

眉化粧

世界の化粧-ベニス編- 装丁

世界の化粧
-ベニス編-

世界の化粧-バリ編- 装丁

世界の化粧
-バリ編-

<髪型シリーズ> ※フィルムより転写の際の画像のみだれが有りますのでご了承ください。

日本髪の結い方 装丁

日本髪の結い方貴重映像

結う 装丁

結う

江戸の結髪 装丁

江戸の結髪貴重映像

おすべらかしと十二単 装丁

おすべらかしと十二単

西洋ヘアファッションの流れ 装丁

西洋ヘアファッションの流れ

研究誌

マキエ 装丁

マキエ

人と化粧文化の関わりについて、いろいろな角度から探り、化粧とは何かを考える情報交換誌です。

『マキエ』No.37 12ページ B5
P.03 発行にあたって
P.06 近代の女性美容家 遠藤波津子
P.08 美人画に見る理想の女性美 文展期の婦人雑誌をめぐって
P.10 近代の紅
P.11 キネマ旬報社編『日本映画人名事典・女優篇』
P.12 化粧文化インフォメーション

PDF版ダウンロード

『マキエ』をご希望の方は下記までお問い合せください。
ポーラ文化研究所 TEL 03-3494-7250 infobunken@po-holdings.co.jp

化粧文化 装丁

化粧文化(休刊)

自分らしさを表現し、人とコミュニケーションする手段でもある化粧。さまざまな角度から化粧と社会とのつながりを探る研究誌です。※バックナンバーについては在庫切れのため、現在販売しておりません。

リーフレット

化粧文化PLUS 装丁

化粧文化PLUS

"化粧"を様々な切り口から捉え、身近な視点で伝える情報誌です。

『化粧文化PLUS』Vol.10 24ページ 205×205mm

P.04 日本髪
P.20 江戸女性の美髪の3つのヒミツ
P.22 ポーラ文化研究所について

PDF版ダウンロード

「化粧文化PLUS」をご希望の方は下記までお問い合せください。
ポーラ文化研究所 TEL 03-3494-7250 infobunken@po-holdings.co.jp