ここからポーラ文化研究所のコンテンツナビゲーション


ここからコンテンツ情報

季節のおしゃれの豆知識
 01-9月「重陽の節句 平安貴族もエイジングケア?」

秋を代表する花の菊。丹精をこめて仕立てた大輪の厚物や、豪華な懸崖【けんがい】作りなど、菊花の美しさを競う展示会などが各地で盛んです。皇室の紋章にもなっている菊ですが、中国原産。観賞用の菊は、奈良時代のおわりから平安時代のはじめごろに日本に渡来したと考えられています。邪気を払い延命長寿の薬効があるとして、「重陽【ちょうよう】の節句」にもゆかりの深い花です。

旧暦の9月9日は、3月3日、5月5日などとならぶ五節句のひとつで、陽数(奇数)のうち一番大きな「九」が重なることから「重陽」と呼んで、おめでたい日とされています。また、重陽の節句は別名「菊の節句」ともよばれ、ほかの節句と同じように、その由来は中国にありました。

【絵解きクイズにチャレンジ】
イラストの中に「重陽の節句」にまつわる言葉が5つ隠れています。
本文をヒントにさがしてみてください。 答えは3ページ ≫

≪ 前の回へ

1 2 3

次の回へ ≫

バックナンバー