ここからポーラ文化研究所のコンテンツナビゲーション


ここからコンテンツ情報

化粧や装いに関する意識・行動、ライフスタイルなどの調査レポートを公開しています

トピックス

SNSと化粧品情報源

15〜74歳の女性1800人に生活で欠かせない情報入手ツールをたずねたところ、1位「テレビ」73%、2位「インターネット」71%、3位「SNS」36%、4位「新聞」30%となり、本調査では「SNS」が「新聞」のスコアを上回りました。
年代別にみると、いわゆるデジタルネイティブ(注1)にあたる24歳以下では「SNS」がトップ、25〜29歳でも「インターネット」に次いで「SNS」は2位でした。若い年代を中心に「SNS」はふだんの生活の必須ツールとして浸透している様子が確認できます。

生活で欠かせない情報入手ツール(基数:対象者全員 1800人)
生活で欠かせない情報入手ツール
  (n) テレビ インターネット SNS 新聞 書籍 雑誌 ラジオ その他 特にない
全体 (1800) 73 71 36 30 23 22 12 0.4 5
年代別 15〜19歳 (150) 67 67 81 12 17 23 7 0 3
20〜24歳 (150) 61 67 75 6 17 19 12 0 3
25〜29歳 (150) 60 66 63 7 15 25 5 1 9
30〜34歳 (150) 60 69 39 12 21 22 9 0 12
35〜39歳 (150) 63 70 31 16 19 25 11 0 10
40〜44歳 (150) 73 81 33 23 27 28 11 0 5
45〜49歳 (150) 77 82 32 29 26 25 11 0 6
50〜54歳 (150) 78 79 24 35 27 23 10 1 6
55〜59歳 (150) 81 69 17 39 34 24 14 1 5
60〜64歳 (150) 84 76 17 47 25 15 15 1 3
65〜69歳 (150) 84 66 6 61 26 16 16 1 2
70〜74歳 (150) 89 65 7 73 26 17 22 1 2

※年代別に、1位のスコア()、2位のスコア()、3位のスコア()に色づけ

一方、化粧品を買うときの参考情報源をたずねると、「SNS」はスキンケア化粧品で8位、メーク化粧品で7位となりましたが、15〜19歳ではそれぞれ1位となりました。
この年代は高校生を含む学生が多く、自分で化粧品を買っていない人や、まだ化粧を行っていない人が他の年代より多く存在しています。
彼女たちが化粧を行いはじめ、化粧品も自分で選ぶようになった際、ふだんから親しんでいる「SNS」を化粧品情報源として活用すると考えられます。近い将来、化粧品を買うときに「SNS」を参考にする人の割合が大幅にアップするかもしれません。

化粧品購入者全体の化粧品購入時参考情報源
化粧品購入者全体の化粧品購入時参考情報源
15〜19歳の化粧品購入時参考情報源
化粧品購入者全体の化粧品購入時参考情報源

注1 / 生まれたとき、または物心がつく頃からインターネットやパソコンがある環境で育った世代

No.139 化粧品情報収集とSNSの関連 (1.2MB) 2017/10/25
若い年代で利用率の高いSNS。スキンケア・メーク化粧品とSNSのかかわりを分析しました。
調査時期:2017年6月 ページ数:21頁
集計表はこちら(Excel)

バックナンバー