HOME  >  CSR情報  >  文化芸術活動  >  ポーラ文化研究所
このページを印刷する

ポーラ文化研究所

美しさという文化

ラシネ著『服装の歴史』/1888年

香蝶楼 国貞≪妓女春乃あした≫文政頃
/1818〜1830年

ポーラ文化研究所では1976年の設立以来、「化粧・女性・美意識」をキーワードに、化粧文化の向上に貢献する活動として、東西化粧史の研究と成果をまとめた書籍の発行、女性の美への意識調査とレポートの発表、化粧文化展など、幅広い研究活動を行っています。こうした活動で得た資料価値が高い化粧道具や装身具は約6,500点、文献資料は15,000冊を数えます。また、研究成果として得られた貴重な情報は、学術的な資料として、大学の研究機関のほか、個人や企業へも広く提供しています。
2015年は、「ポーラ・コレクション〜東西の美意識を探る〜日本と西洋の御粧」展を北九州市立小倉城庭園にて行う等の活動を行いました。また、美術館・博物館等において講演・レクチャー活動も実施しています。

施設概要

ポーラ文化研究所、ポーラ化粧文化情報センター
〒141-0031
東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ第2五反田ビル1F
電話番号:03-3494-7250

ポーラ文化研究所
PAGE TOP