HOME  >  CSR情報  >  環境  >  環境配慮型商品
このページを印刷する

[環境]環境配慮型商品

環境配慮型商品の設計

環境配慮型の商品開発を継続

「内容物エコスタンダード」、「容器包装エコスタンダード」の2つの自主基準を設定し、商品企画・設計段階からどのような環境対応が必要か検討し、原材料の調達からお客さまが使用後の容器を廃棄されるまでの、商品のライフサイクルに合わせた環境配慮型商品づくりを実施しています。

内容物エコスタンダード

薬機法や業界自主基準に則り、以下のような原料について自主基準を定め、環境対応を徹底しています。

  1. 環境ホルモン対象物質
  2. 資源枯渇の恐れのある動植物由来の原料
  3. PRTR法対象原料
  4. 大気やオゾンに影響のあるフロン
  5. 難分解性原料

容器包装エコスタンダード

以下の4つの基本的考えに沿って、環境への配慮に取組んでいます。

  1. 付け替え・詰め替え用商品を推進し、容器の再利用につとめる
  2. 軽量化、簡素化等により、減容・減量につとめる
  3. リサイクルしやすい容器形態や素材を選ぶ
  4. 資源枯渇に配慮した原材料を選ぶ

ゴミの減量

商品写真

左)B.A クリーム
右)B.A クリーム リフィル

リフィル(つめかえ用商品)や部材の簡略化

使用後の容器に中味をつめかえる及びリフィルを入れかえる、また、部材を薄肉にすることによって、廃棄量を減らしています。

再生資材の利用

商品写真

左)ポーラ ホワイティシモ 薬用ローションホワイト(再生ガラス使用)
右)ポーラ ホワイティシモ(外箱)(ケナフ使用)

大切な資源を有効活用

容器には再生ガラスを使用し、外箱には再生紙やバガス、ケナフなどの非木材紙を使用し、資源の有効活用に努めています。

分別の容易化

商品写真

左)廃棄するときにノズル部分を取り外して分別することが可能。
右)ポーラ イデアスタイル ダブルデザインフォーム

部材を簡単に分別

容器を部材ごとに簡単に分解し、分別して廃棄できるよう工夫することにより、リサイクル率の向上に寄与しています。

THREEの商品がエコサート認証を取得

写真

株式会社ACROが提供する化粧品ブランドTHREEは、ブランドコンセプト「自然界の貴重な恵みと自然の一部である自分を尊重し自然体で生きることこそ美しい。いまの時代を生きるすべての人がより自分らしい心地よさに満たされるように。こころ、からだ、肌のすべてに。」を実現するために、ナチュラルとオーガニックにこだわった商品づくりをしています。
より一層自然・環境の尊重を体現するために、スキンケア3品(ハンドクリーム、バスセラム、石けん)の開発において、オーガニック認証の中でも世界最大の国際有機認定機関により「エコサート認証」を取得しました。
エコサート化粧品の認証基準には、「ナチュラル&オーガニック化粧品」と「ナチュラル化粧品」の2種類の認証基準があり、その中でも基準が厳しい「ナチュラル&オーガニック化粧品」の認証を取得しました。製品に含まれるオーガニック認証原料の規定や製造工程、製品のトレーサビリティに関する管理、また環境に配慮した製品作りなどの原料、製法、管理等の細部に至るまで厳しい審査をクリアし、製品としてのオーガニック認証を受けることができました。

Jurliqueが「ベストパフォーマー賞」を受賞

「ベストパフォーマー賞」を受賞

「ベストパフォーマー賞」を受賞

Jurliqueは、環境に配慮したビジネスであることが最も大切であると信じています。その中でも、パッケージ(容器や外箱等)の環境に対する影響は大きく、原料、デザイン、配送、廃棄のすべてのステージにおいて環境への影響を最小限に抑えることが目標です。
Jurliqueは、Australian Packaging Covenant(オーストラリアパッケージング連盟)に加盟して約10年になります。この10年でリサイクル率の向上やデザインの改善を繰り返してきました。そして、2014年にオーストラリアパッケージ連盟より、パーソナルケアカテゴリーにおいて2014年から2016年まで3年連続で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。評価された主な取組みは以下の通りです。
(1)ライフサイクルアセスメントを用い、パッケージのライフサイクル全体における影響を考慮したうえでデザインを決定
(2)サプライヤーマネジメントプログラムを通じて、サプライヤーの環境や社会における取組を審査したうえでの取引
(3)Tree Planting Dayやグリーンニュースレター等の環境に関する社内イベントやコミュニケーションによる社内環境意識の向上
Jurliqueにとって、環境に考慮したビジネスをすることは30年来にわたって受け継がれているカルチャーであり、今後もJurliqueのブランドと共存できるよう、パッケージやその他の取組みをさらに高めていく方針です。

オルビスのピロー包装改革への取組み

ピロー包装

ピロー包装

オルビスは30年前の創業時から、省資源とごみの削減を標榜し、極限までシンプル化したピロー包装を採用しています。2013年6月よりピロー包装改革タスクフォースを立ち上げ、新たなパートナー企業との連携によって、2014年7月には、ピロー包装のために半製品で納品される仕組みを構築したことにより、必要に応じて最適な包装形態を選択することが可能となり、フレキシブルな対応の準備を整えました。
また、ピロー包装の必要を厳しく見直した結果、詰め替え商品のピローレス化が進み、ピロー包装が半減しました。これにより、環境負荷軽減をさらに加速するとともに、コスト削減も実現しました。

PAGE TOP