HOME  >  CSR情報  >  環境  >  安全な化学物質の管理
このページを印刷する

安全な化学物質の管理

化学物質マネジメント・環境予防保全への取組み

ポーラ・オルビスグループの商品は化学物質が使用されています。グループの生産を担う人や環境に悪影響を与える恐れのある167種類の化学物質は、毎年SDSや化学物質の見直しを環境推進委員会にて確認しています。それらの化学物質の低減や、安全衛生委員会を中心にリスク低減措置の施策展開を実施しています。
その他排水処理、騒音軽減等への対策を講じ、環境予防保全関連法規を遵守しすべて基準値を下回る実績となっております。

法令順守評価の実施

ボイラー 煤塵量(g/Nm3) 0.1以下 0.05以下 0.01未満 0.01未満
窒素酸化物(ppm) 120以下 100以下 19 19
排水処理 BOD(mg/L) ※20以下 18以下 3.1 0.9
COD(mg/L) 40以下 6.9 4.4
その他
水質基準
その他6項目の
各基準
その他6項目の
各基準
基準内 基準内
水道水 給水 51項目の
各基準
51項目の
各基準
基準内 基準内
井戸 40項目の
各基準
40項目の
各基準
基準内 基準内
騒音 朝・夕(dB) 60以下 60以下 45以下(11月)
昼間(dB) 65以下 65以下 48以下(11月)
夜間(dB) 55以下 55以下 44以下(11月)
振動 昼間(dB) 70以下 70以下 30未満(11月)
夜間(dB) 65以下 65以下 30未満(11月)
PAGE TOP