HOME  >  CSR情報  >  ポーラ・オルビスグループのCSR  >  3つの領域
このページを印刷する

3つの領域

基本的CSRから選択的CSRまで、1つひとつの活動の積み重ねを大切にしています

CSRは企業の経営活動を通じて社会に対し責任を果たすことであり、企業理念や経営理念が企業のCSR活動における羅針盤の役割を担うものです。
ポーラ・オルビスグループにとって、CSRは決して新しい活動の付加ではなく、今までの経営活動を新しい視点(社会的責任、ステークホルダーの視点)で見直し、充実させることだと考えています。CSRは経営戦略の中核に位置付けて日常的に実践することを通じて、社会的に大きな責任を果たすことと認識しています。

ポーラ・オルビスグループでは、CSRを「基本的」、「事業的」、「選択的」の3つの領域に整理し、実践しています。

3つの領域区分図

選択的CSR

企業文化芸術活動、環境保全活動などに積極的に取組み、本業を豊かにするとともに、社会に大きな貢献を果たす活動。

事業的CSR

持続的発展のためのお客さまおよび従業員満足の向上、高品質商品・サービスの提供、地域振興・地域産業活性化、新価値の提供による雇用創出など、本業を通じてのステークホルダーとの協働による活動。

基本的CSR

法令や社会倫理を守る「コンプライアンス」、企業の経営基盤に関わる「コーポレート・ガバナンス」、企業の説明責任を果たす「情報開示」など、企業として取組むべき基本的な活動。

PAGE TOP