HOME  >  CSR情報  >  ポーラ・オルビスグループのCSR  >  ステークホルダーとのコミュニケーション
このページを印刷する

ステークホルダーとのコミュニケーション

「私たちの企業活動が社会の期待や要請と一致しているか」「社会が求めるより良い商品・サービスとは何かを検証するため、社外のステークホルダーの皆さまと積極的に幅広い対話を行っています。そこで得たご意見、ご指摘をグループ内部で検討し、具体的な改善策として経営に反映させていきます。

  • 顧客

    お客さまからのご意見を、事業活動やサービス向上に生かしています。お客さまの声を速やかに経営に共有し、スピーディーに改善する仕組みを整えました。

    • コールセンター
    • 顧客満足度調査
    • お客さま座談会、
      グループインタビュー
    • 販売データによる各種調査
    • ブランドイメージ調査
  • 取引先(サプライヤー)

    原材料や包材のサプライヤーは、重要なパートナーと考え、主要なサプライヤーとは年1回以上直接会い当社グループが推進する調達の方針を理解、協力いただくことを目的とした説明会を実施しています。

    • 購買方針説明会
    • CSR調達ガイドライン
  • 取引先(ビューティーディレクター(BD))

    お客さまに直接接するビューティーディレクター へは、自社の理念へ共感し、企業価値を伝えていただくために、日々コミュニケーションを密にとっています。特に教育に力を入れ、階層別に実施しています。

    • リクルート活動〜定型教育
    • 商品勉強会
    • ショップオーナー研修会
    • 全国表彰大会
    • 幹部営業会議
    • ビューティーディレクターへの
      ヒアリング
  • 従業員

    多様な従業員それぞれが個を発揮することで企業が成長するという考えのもと、個を発揮できる環境づくりに取組んでいます。2017年は健康経営宣言をリリースしました。

    • 従業員意識調査
    • 従業員フォーラム
    • 安全衛生委員会
    • 健康経営
    • FA制度/ベンチャー制度
    • イントラネットで情報共有
    • CSR賞表彰制度
  • 社会・NGO/NPO

    社会からの要請に応えることで共存共栄したいと考えており、社会貢献活動も行っています。NGO/NPOからの質問にも真摯な姿勢で対応します。

    • 文化・芸術活動
    • 出張授業
    • インターンシップ
    • 工場見学
    • 環境教育
    • 地域清掃
    • NGO/NPOとの対話
    • 地場産業との協業
  • 株主・投資家

    積極的にコミュニケーションをとることで株主・投資家の要望に応えます。IR優良企業賞を2度受賞しました。株主総会でのご意見をもとに株主対象の工場見学会を実施しました。

    • 株主総会
    • 統合報告書の発行
    • 株主通信の発行
    • スモールミーティング
    • 投資家説明会
    • 株主向けイベント

ステークホルダーからのご意見をもとに改善した例

「敷居が高いと感じる」(ポーラ)
2018年1月より、「リンクルショット メディカル セラム」の価格改定を実施 15,000円→13,500円(税抜)
「通販と店舗の顧客戦略は合わせて考えるべき」(オルビス)
2017年10月より、通販と店舗のポイントを統合
「工場見学を実施してほしい」(株主総会にて)
2017年11月に株主向け工場見学会を実施

PAGE TOP