HOME  >  CSR情報  >  社会  >  コミュニティへの参画  >  地域コミュニティへの参画
このページを印刷する

コミュニティへの参画 - 地域コミュニティへの参画

地域コミュニティへの参画

ポーラ化成工業 地域社会における事業の理解を深めるため工場見学対応を充実

ポーラ袋井工場見学

ポーラ袋井工場見学

ポーラ化成工業では、袋井工場創業以来39年間、グループ会社および各取引会社、地域、行政、学生等外部のお客さまをはじめとした各方面からの工場見学に対応し、製品品質、肌分析技術の優秀性・安全性や環境活動について工場見学を通じてPRしています。地域貢献を通じた知名度向上に取組む一方、見学ルートの改善、説明手順書の改善、多人数対応のための仕組み構築、環境講座の実施等、常に改善を繰り返すことで、見学者の満足度向上に努めています。
2016年の見学者数は22グループ、345名でした。

ポーラ化成工業 小学生から大学生までを対象に、さまざまな教育支援を実施

キッズ教育化粧品製造実習の様子

キッズ教育化粧品製造実習の様子

ポーラ化成工業では、さまざまな教育支援活動に取組んでいます。
2016年は袋井工場では「環境キッズ教育」を継続開催しました。横浜研究所では中高生のキャリア学習の一環として研究員を派遣した職業講話にも継続協力しています。また袋井工場・横浜研究所で近隣の中学生の職業体験を受け入れ、化粧品開発・ものづくりの基礎を学んでもらいました。

Jurlique 理系の仕事の楽しさを学生へ

理系の仕事の楽しさを学生へ

理系の仕事の楽しさを学生へ

Jurliqueの工場があるアデレードでは、Heathfield High School というアデレードヒルズにある高校とSTEM (Science, Technology, Engineering and Mathematics) Industry Questを通してパートナーシップを組んでいます。9年生(おおよそ15歳)の理系の生徒に、Jurliqueの研究の実習を通して、理系の仕事の楽しさを知ってもらうことを目的としています。
プログラムは3か月にわたり、生徒たちはグループにわかれ、新商品の開発に取組みます。プログラムの最後に、生徒たちはプレゼンテーションをして新商品を売り込みます。本プロジェクトでは、フォーミュレーション、エンジニアリング、パッケージデザインから営業まで幅広い技術を体験できる、生徒たちにとって貴重な機会になっています。

Jurlique 農場

Jurlique 農場

Jurliqueでは、Jurliqueのスキンケア品のためにある自然やサイエンスについての理解を深めていただくためにアデレードヒルズにあるファームツアーを行っています。そこでは、農場の見学や種の培養場の見学を行っています。

オフィスビル 地域との協働

ポーラ本社ビル周辺でのクリーン活動の様子

ポーラ本社ビル周辺でのクリーン活動の様子

ポーラ・オルビスグループは、地域に密着した清掃活動や環境美化活動を継続して実施しています。
ポーラでは、美白の日である3月14日と創業記念日となる9月18日に「全国一斉クリーン活動デー」として、全国のショップと本社が協力し、一斉に各近隣地域の清掃活動を行いました。2014年は、全体の約80%にあたるショップのビューティーディレクターたちが、それぞれの地域の清掃活動を実施するとともに、250名を超える本社従業員が五反田地区で清掃活動を行いました。
ポーラ化成工業、ポーラ流通センター、ピーオーテクノサービスが共同で、地域に密着した清掃活動や環境美化活動を継続して実施しています。また、6月と11月の愛野メモリアルロード花壇の植替え奉仕作業に参加し、地元の方々とともに花壇の手入れを行いました。また、毎年恒例となった、法多山までのクリーンウォークを5月に従業員が家族とともに実施しました。

PAGE TOP