HOME  >  CSR情報  >  サステナビリティ活動  >  社会  >  CSR活動の実践を表彰
このページを印刷する

[社会]CSR賞の表彰

ポーラ・オルビスグループCSR賞は、日頃のCSR活動において積極的に取組んでいる団体、また個人の努力に対して敬意を表し、活動の発展を支援するために設けられました。
2016年は、応募件数62件より、社長賞1件、努力賞3件が受賞しました。今年も事業活動を通じて社会の要請に応える活動が多く寄せられ、グループCSR活動は着実に前進しています。

2016年度ポーラ・オルビスグループCSR賞受賞の様子

2016年度ポーラ・オルビスグループCSR賞受賞の様子

2016年度(第10回)ポーラ・オルビスグループCSR賞(社長賞・努力賞)

社長賞

ポーラ化成工業株式会社

タイトル下線
受賞者

テーマ

シワ改善医薬部外品「ポーラ リンクルショット メディカル セラム」の製造販売承認の取得

シワを改善する医薬部外品の開発で、シワの原因を見出し世界で初めてヒトでの改善を証明しました。シワにお悩みのお客さまに対して効果的な改善手段の提供を可能としただけでなく、「真皮に効く」、「シワを改善する」というこれまで認められなかった新しい市場の創出を成し遂げるなど、業界を先導・活性化したという貢献が評価されました。

抗シワ評価試験※1の結果、12週間の使用で目じりのシワの改善効果が認められました。シワの深さ評価では、7割の人のシワが浅くなり、最もシワが浅くなった人のシワ改善率※2は34%でした。

※1 日本香粧品学会で定めた「新規効能取得のための抗シワ製品評価ガイドライン」に準じた評価試験。

※2 シワ改善率(%):(使用前のシワ深さ−使用後のシワ深さ)÷(使用前のシワ深さ)×100

努力賞

株式会社ポーラ

タイトル下線
受賞者

テーマ

10年間に及ぶフェアリージャパンへの支援とスポーツ振興への発展

2007年から丸10年、トップアスリートに対するメークおよびスキンケアのサポートを通じて、「化粧の力」を社会に広く発信し続けています。美容サポートだけでなく美容コーチが地域の新体操教室などへ出張指導に出かけ、新体操競技用メークの指導を提供する活動も始まり、新体操振興へと貢献領域が広がっています。10年間、美の提供を通じて社会とのつながりを深めてきたという点でまさにポーラらしい活動であり、東京五輪に向けさらなる活動発展を期待できることが評価されました。

オルビス株式会社

タイトル下線
受賞者

テーマ

オルビスの顧客サポート力に対し外部機関から高い評価を獲得
・2016年度JCSI 自社ブランド型通販で2年連続1位
・顧客サポート調査2016 全業種で4年連続1位

オルビスは、2009年より実施している「JCSI顧客満足度調査」で、自社ブランド型通販2年連続1位を獲得しています。この評価は、主力スキンケア・ECサイトのリニューアル、ポイント制度の革新等ブランド価値向上施策を投入しつづけた結果によるものです。
また、トライベック・ブランド研究所で実施している「顧客サポート調査」でも2013年から4年連続で総合1位を獲得しており、WEBサイトでは情報の精査やスマホユーザーのユーザビリティ向上に重点を置いたこと、コールセンターでは期待される要素をおさえた対応や話し方をするという教育を独自の効果的な方法で実施し続けてきた点が認められました。

株式会社ポーラ

タイトル下線
受賞者

テーマ

日本女性の社会課題に対応したCMが話題をさらった
本社主催の大型リクルートフォーラムの実施

ポーラ新ブランディング戦略のもと、「本社主催大型リクルートフォーラム」の開催を企画し「リクルートCM」を1ヶ月にわたり放映しました。日本社会の未来を切り開く女性たちを鼓舞するメッセージ「この国は、女性にとって発展途上国だ。」というストレートなコピーを使ったCMは、メッセージ性強く社会に受け止められ大きな反響を呼びました。こうしたリクルートの新たな可能性を開いた取組みであることが評価されました。

PAGE TOP