展覧会

現在公開中の展覧会

「ウルトラ植物博覧会2016」
西畠清順と愉快な植物たち
2016年8月4日(木)-9月25日(日)
11:00-20:00(入場は閉館の30分前まで)
入場無料/会期中無休

世界中を飛び回り、年間240トン以上の植物を仕入れるプラントハンター清順氏が今年も展覧会のために色々な希少植物を集めてきてくれました。2回目となる今展はSIMPLICITY 代表の緒方慎一郎氏が会場構成を担当。昨年とは全く違った空間のなか、陶芸家 内田鋼一氏が作り出す器と清順氏の植物とのコラボレーション作品をご紹介。今回も展示を通じて、今までにない新しい植物の見せ方をご提案します。

また、アーティストの作品を紹介する場としても活用されているポーラ銀座ビル1 階のウインドウにて、ギャラリーでの展示と合わせて、今年もそら植物園の植物が展示されます。さらに、お客様からのご要望にお答えして、2 階のHIGASHIYA GINZAでは内田氏の器に植えられた植物を期間限定・数量限定で販売。1 階のウインドウから2 階ショップ、3 階ギャラリーと連動した世界観をお楽しみ頂けます。

会期中、清順氏によるギャラリートークなどのイベントを開催予定です。詳細は後日、ホームページにてご案内いたします。

展示中の植物の一覧はこちら

プロフィール

西畠 清順
西畠 清順(にしはた せいじゅん)

1980年生まれ。幕末より150年続く花と植木の卸問屋、花宇の五代目。
日本全国・世界数十カ国を旅し、収集している植物は数千種類。日々集める植物素材で、国内はもとより海外からの依頼も含め年間2000件を超える案件に応えている。
2012年、ひとの心に植物を植える活動“そら植物園”をスタートさせ、植物を用い様々なプロジェクトを多数の企業・団体などと各地で展開、反響を呼んでいる。
著書に『教えてくれたのは、植物でした 人生を花やかにするヒント』(徳間書店)、
『そらみみ植物園』(東京書籍)、『はつみみ植物園』(東京書籍)がある。

内田 鋼一
内田 鋼一(うちだ こういち)

陶芸家。1969年愛知県名古屋市生まれ。東南アジア、中東、西アフリカなどの各地を旅し、現地でやきもの作りに参加。その後、四日市市の製陶工場で植木鉢や土鍋作りを体験し、独立、築窯。
日々の食卓で活躍するプレーンな器から、巨大な陶壁や大壺まで多彩なやきものの世界を繰り広げる。世界の窯業地を放浪した経験と日本のやきものを研究しつくした該博な知識で、現在の陶芸シーンを牽引している。 その活躍は日本にとどまらず、ヨーロッパ各地やアジアでの展示で高い評価を受けている。

緒方 慎一郎
緒方 慎一郎(おがた しんいちろう)

SIMPLICITY 代表 / デザイナー
1998年 SIMPLICITY設立。「現代における日本の文化創造」をコンセプトに、和食料理店「八雲茶寮」「HIGASHI-YAMA Tokyo」、和菓子店「HIGASHIYA」、プロダクトブランド「Sゝゝ[エス]」などを展開。自社ブランドのみならず、建築、インテリア、プロダクト、グラフィックなど多岐にわたるデザインやディレクションを行う。著書に『HIGASHIYA』(青幻舎)、『喰譜』(東京大学出版会)がある。

ウルトラ【ultra】
(1)「超」「過度」「極端」などの意。
(2)過激派。過激論者。
*広辞苑(岩波書店)より抜粋

国内外の企業、デザイナー、政府、建築家、諸団体、代理店、アーティスト、そしてプロの植物業者さん。
毎日さまざまな角度から寄せられる依頼に応えるため、五大陸間を行ったり来たりして年間240トン以上の植物を輸出入している忙しい日々のなかで、時折出会うウルトラな植物たち。
植物収集家として、普段はあまりマニアックな植物を人に見せない自分が、前回の大反響で味をしめたのか、またウルトラな自分の植物コレクションを公開する事を決めました。
今年は内田鋼一さんの器、そして緒方慎一郎さんの空間とコラボし、よりパワーアップして銀座の空間を彩ります。
魅力って、極端な例のほうが親切に伝わりやすい時もある。その姿だったり、その性格だったり、その実績だったり、、、ウルトラな才能を持った植物たちは、きっと貴方を愉しく、植物の世界にハメてくれることと思います。

西畠清順

実際の展覧会の模様はこちら

PAGE TOP