展覧会

現在公開中の展覧会

Alan Chan「HELLO GINZA!」
2017年4月28日(金)-6月4日日(日)
11:00-20:00(入場は閉館の30分前まで)
入場無料/会期中無休
※4月28日(金)のみ18:00閉館

本展「HELLO GINZA!」では、1975年に初めて銀座を訪れた時に撮影された作品から、今年撮影された新作の作品まで、約45点の写真と映像作品をご紹介します。写真のイラストレーションを使用し、Alan Chan独自のアプローチを展開。複数の写真を組み合わせて作る万華鏡ビジョンや、街全体をカラーパレットとして感じさせる演出など、今まで感じることができなかった銀座の魅力が溢れる展覧会となります。
さらに今回は、プロジェクターを使用したダイナミックな壁一面の映像作品もあり、観る者を圧倒します。
Alan Chanの新境地を、是非ご覧下さい。

プロフィール
Alan Chan

1950年香港生まれ。デザイナー、ブランドコンサルタント、アーティストとして自身の会社を立ち上げ、広告・デザインで45年間、600以上もの国内外の賞を受賞。香港特別行政区政府から名誉勲章(M.H.)を授与される。

現代のグラフィック・プレゼンテーションにおける東洋文化と西洋文化の融合は、彼の創作活動において大きなテーマとなっている。彼はこれらの文化の精神をうまくとらえ、ユニークなスタイルで再解釈し、伝統的な中国の芸術と文化を異なる視点で再発見する。クリエイティブな業界での彼の経験を通して、スタンダードから突き抜けた企業イメージとブランドイメージを活用して、仕事におけるマーケット理解を深めている。

香港では、ビジュアルアイデンティティから製品デザイン、インテリアデザイン、アートコンサルティングまで幅広く担当し、香港、中国、各地域のオーナーやマーケティング担当者に認知されるブランドを生み出している。彼の幅広い仕事のポートフォリオは、若い世代にも大きな影響を与えてきた。さらに、東西間の文化的障壁をなくすという意味においても、広く認知されている。

ルイ・ヴィトン、サルヴァトーレ・フェラガモ、フェンディ、ヒューゴ・ボス、ラコステ、フォーエバーマーク、アレッシィ、セイコー、日光など、さまざまなクロスオーバー・アート、デザイン、チャリティープロジェクトなどの国際ブランドを数多く手掛けている。

2000年以降は、新しい芸術の分野に挑戦している。上海ビエンナーレ(2002年、2006年)と香港現代美術賞(2010年、2012年)に選ばれたほか、2007年に上海美術館で個展を開催した初の香港デザイナーである。 2003年の香港文化博物館での個展でも好評を得た。2010年にはiPhone写真シリーズ「iEye-ai」を完成させ、北京(ニューエイジギャラリー2012)、ミラノ(アンテプリマギャラリー2012)、大阪(アートコートギャラリー2013)、シンガポール(ミヅマアート)、上海(ウエストバンドアート&デザインフェア2014、フォト上海2015)、香港(アートバーゼル香港2015および2016)など様々な都市で展示を実施。彼の作品は、中国の国立美術館、香港美術館、香港文化博物館をはじめとして、香港、中国、日本、イタリア、米国の民間コレクターなどに収集されている。

色々な意味で、銀座は東京の中でも豊かさ・喧騒・近代化を兼ね備える典型的な街だといえます。西洋化された魅力がありながら日本の伝統を失うことなく、ファッション・テクノロジー・贅沢品など最新トレンドの「ディスプレーウィンドウ」としても知られている、ユニークな街です。自分自身、デザイナーとしては、銀座と非常に特別な関係があります。銀座を頻繁に訪れている観光客と比べても、プロとしても個人としてもつながりが深いと言えると思います。

銀座の私の物語は、30年前に東京が経済ブームと文化の繁栄の頂点にあった1987年に遡ります。当時、私は若いデザイナーで、アートディレクターをしていました。当時の流行最先端であった西武有楽町店にて、香港の繁栄都市を日本に紹介するフェスティバル「Hello Hong Kong!」のビジュアルキャンペーンをデザインするように依頼されました。そのとき初めて、日本のクライアントに対するプロフェッショナリズムを体験し、日本に対する魅力を感じるきっかけとなりました。

華やかな小売店や百貨店があることで有名な銀座には、日本のグラフィック作品を紹介するための展示ギャラリーもいくつかあります。銀座周辺にあるグラフィックデザイナーの「殿堂」であるGinza Graphic Gallery(ggg)、Creation Gallery G8など、銀座という土地で運営を維持している企業のビジョンと寛大さには、本当に感動しています。私はこれらのギャラリーに過去30年間にわたり作品を展示していただけでなく、その度に日本のデザイナーが世代を超えて集まることで、自分自身だけでなく職業そのものへの想いを深く感じることができるのです。

日本のクライアント、仲間、友人とは何十年もの親交がありますが、銀座で行った最後の個展から15年間、東京の中心で新しいシリーズの作品を発表できることは、大変嬉しいです。今回はポーラ ミュージアム アネックスにて、写真のイラストレーションを使用し独自のアプローチを展開します。万華鏡のビジョン、街全体のカラーパレット、散歩道や狭い通りのコーナーを利用したタイポグラフィの合成など、独自の個性を持つ銀座という街の魅力溢れる作品を展示します。

インスタレーションは、銀座で撮った何千枚もの写真から、わくわくしながら撮った写真、人生の足跡を残した場面など、和光の前にある銀座4丁目の交差点から、街中に広がる「丸善」のネオンサイン、gggを訪れる前にいつも立ち寄る7丁目のAlmond Caféなどの個性的なスポットや、西武有楽町店跡地を再訪して、過去の輝きを感じることができます。自分のアーカイブの中から、銀座での過去の出会いを時代の流れに沿ってビジュアル化することで、まるで旅をしているかのように思い出を閉じ込めたいと考えています。

街の発展に伴い、景色は変わらずとも見えなくなってしまった部分もありますが、私はそれを啓発するのを止めることはありません。反射材で作られた "ゼブラクロス"で舗装されたこの建物は、夕暮れの夜には魅力的です。ライトアップしているにも関わらず、静かな遊歩道がある銀座を再現しようとしているのです。"ゼブラクロス"の横断歩道は、私たちの生活・旅の中で人生の異なる人々との出会いを象徴する無限の道でもあります。私の今回の展覧会を訪れて、銀座を感覚的に感じることができると確信しています。私は今回の展覧会をこの銀座という街への感謝の贈り物、そして自分の道を舗装し、無制限のサポートを提供してくれた人々に対し贈りたいと思います。

Alan Chan

PAGE TOP