展覧会

過去の展覧会 詳細

Point-Rhythm World
-モネの小宇宙-
2017年7月21日(金)-9月3日(日)
11:00-20:00(入場は閉館の30分前まで)
入場無料/会期中無休

タイトルの "Point-Rhythm" の読み方は「ポイントリズム」。点描画法という意味の「pointillism」とリズム(rhythm)をかけた造語です。本展覧会では、クロード・モネ《睡蓮の池》(1899年制作:ポーラ美術館所蔵)をモチーフに増田セバスチャン独自の点描にて会場全体に再構築しました。約2トンもの色とりどりのマテリアルがリズミカルに展開された増田セバスチャンが提案する新しいモネの世界をご覧下さい。

さらに、会場内ではVR(Virtual Reality :仮想現実)ARTと透明液晶を組み合わせ、"増田セバスチャン×モネ" の世界観がさらに拡張される展示も予定しております。リアルとアンリアルがミックスされた世界観をお楽しみいただける会場構成となります。今回は、ポーラ銀座ビル1階ウィンドウにて、ギャラリー展示と合わせて増田セバスチャンによるディスプレイを展開します。

プロフィール
増田 セバスチャン(ますだ せばすちゃん)

アートディレクター/アーティスト
1970年生まれ。
演劇・現代美術の世界で活動した後、1995年にショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。
きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MV美術、「KAWAII MONSTER CAFE」のプロデュースなど、原宿のKawaii文化を中心に作品を制作。
2014年よりニューヨークを中心に個展を開催。2020年に向けたアートプロジェクト「TIME AFTER TIME CAPSULE」を世界10都市で展開中。
2017年度 文化庁文化交流使。
http://m-sebas.com/

「クロード・モネの「睡蓮の池」をモチーフにしたインスタレーションの展覧会を行います。点描で描かれた世界を見たことの無い形で体験してもらいますので、ぜひ楽しみにしてください。"世界に近づけば想像を超える" 」

増田 セバスチャン

実際の展覧会の模様はこちら

PAGE TOP