HOME  >  サステナビリティ  >  文化芸術活動  >  ポーラ文化研究所
このページを印刷する

ポーラ文化研究所

化粧からひろがる美しさの文化

THIS IS MECENAT 2021

「美の秘密−浮世絵に見る化粧と髪型」展会場_パリ日本文化会館© Gregoire Cheneau

ウチの江戸美人

ポーラ文化研究所は、化粧を美しさの文化として捉え、学術的に探求することを目的として、1976年に設立されました。以来、日本と西洋を中心に、古代から現代までの化粧文化に関わる資料の収集と調査研究を行っています。研究のために収集してきた資料価値の高い化粧道具や装身具は、約6,500点、文献資料は、16,000冊を数えます。また、これまでに収集した文化資産や研究で得た知見は、展示、オンラインセミナー、出版物、調査レポートなどで広く公開しています。
2021年は、「化粧文化」をテーマとした活動と社会貢献活動が、企業・企業財団が実施するメセナ(芸術文化を通じた豊かな社会創造)活動の認定制「This is MECENAT 2021」(公益社団法人企業メセナ協議会主催)に認定されました。
また2020〜21年にパリ日本文化会館で開催した「美の秘密−浮世絵に見る化粧と髪型」のアフタートークイベントを11月オンライン開催しました。
パリと中継でつなぎ、会場デザインにこめられた思いや現地のお客さまの反応をパリの担当学芸員からご紹介。会場全体を動画で周回する試みもたいへん好評で、長く続くコロナ禍にあって、展覧会やイベントに参加したい、海外に行きたい、アートにふれたいという思いに寄り添う当企画は、パリからみた日本の美意識や化粧文化の世界に触れていただく機会となりました。
さらに、ポーラ文化研究所WEBサイトに連載のマンガが晶文社より『ウチの江戸美人』(ポーラ文化研究所監修)として書籍化されました。江戸美人ちゃんと現代女子ちゃんが異なる時代に生まれつつも、互いの価値観や好みを否定することなく、おしゃれや趣味を楽しむ姿を通じて、江戸と現代のよそおいや美意識の違いが身近に感じられる一冊です。

施設概要

ポーラ文化研究所、ポーラ化粧文化情報センター
〒141-0031
東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ第2五反田ビル1F
電話番号:03-3494-7250

ポーラ化粧文化情報センター
オンラインレファレンスを実施中。事前に相談内容をうかがい、個別のニーズに合わせて研究員によるきめ細かい対応を行っています。

ポーラ化粧文化情報センター
https://www.cosmetic-culture.po-holdings.co.jp/center/

PAGE TOP