HOME  >  CSR情報  >  文化・芸術・デザイン
このページを印刷する

文化・芸術・デザイン

VUCA(不安定さ・不確実性・複雑性・曖昧性)と言われる現代だからこそ、
アートによる問題解決力を重要と捉えています。
培ってきた文化・芸術・デザインのノウハウで、それぞれのブランド個性を生かし、
彩豊かな社会を築いていくために活用していきます。

社会への提供価値と事業との関わり

ポーラ・オルビスグループは、文化の支援を行ってきました。
新しい価値観にシフトしていく時代だからこそ、アートそのものもつインパクトと、問題解決力を通じ個性的なブランドとして、社会を彩るような価値を提供していきます。

認識している社会課題・
メガトレンド
予測困難の時代
時代に合わせた幸せの模索と実現
当グループの強み
マルチブランド戦略
アーティストとのネットワーク

目標実績

  • アートを活用した新しいブランド体験件数
    2029年目標20 2020年実績14
  • リベラルアートワークショップ参加人数
    2029年目標55万人 2020年実績(2018年〜)累計3,852
PAGE TOP