HOME  >  サステナビリティ  >  文化・芸術・デザイン  >  感受性を拓くブランドの形成
このページを印刷する

感受性を拓くブランドの形成 ブランド体験を高める

感受性を拓くブランドの形成にあたって

ポーラ・オルビスグループは、アーティストとの協業が、新たな世界観を創り、ブランド価値を唯一無二の存在に高めることで、より多くの方に興味を持って手に取っていただき、ブランド体験を高めていくと考えています。

アートを活用した新しいブランド体験の創造

アートを活用した新しいブランド体験の創造に関する目標・実績
2029年目標 2021年実績
20件 11件

感受性を拓くブランドに関する取り組み

ポーラ アートの力で、ブランドメッセージを強く発信

ポーラ最高峰ブランドB.Aは、2015年に発売した第5世代からフラワーアーティスト・東信氏に植物の本質的な美しさと生命力を感じさせる「B.A」オリジナル作品を手掛けていただきました。2020年の第6世代発売からは、私たちの目に映る植物そのものではなく、今まで見えていなかったその先に潜む植物や生命への想像をめぐらすことによって、更なる感性を広げたいと考えました。生命の本質を捉えるために、レントゲン撮影という手法を採用し、水を吸い上げる葉脈や蕾に潜む萌芽、次の世代の種をはぐくむ実までも浮かび上がらせ、それぞれの植物の謳歌の瞬間、芽吹きの瞬間を撮影しました。目には見えない生命の美しさの本質や力強さを表現することで、人々の無限の可能性を提案する「B.A」の想いを体現しています。

オルビス 体験特化型施設で新しいブランド価値を発信

2020年に東京・表参道にオープンした体験特化型施設「SKINCARE LOUNGE BY ORBIS」。自分らしく美しい毎日を過ごしていただけることを目的にジュースバーやワークショップの提供など、さまざまなコンテンツをご用意しています。Takramディレクター緒方 壽人氏、MMA inc.工藤 桃子氏とともに、建築設計や空間ディレクションにおいても一貫した世界観を発信。2021年はその取組みが評価され、『Red Dot Award 2021』Brands & Communication DesignにてRed Dot賞を受賞。また、『GOOD DESIGN AWARD 2021』にてグッドデザイン賞を受賞しました。

THREE ファッションブランドとのコラボ

2021年、THREEは丁寧なものづくりと独自のスタイルを貫くファッションブランドのHYKEとコラボレーションによりフレグランスを発売しました。互いのものづくりに対する姿勢に共感したTHREEとHYKEのコラボレーションは、それぞれのブランドのファンが集い、互いのブランドの魅力を知るきっかけとなっています。またアーティスト 大和美緒氏とメーク品のパレットでコラボレーションし、アーティスト作品をVISIONARIUM THREEで展示をしました。

PAGE TOP