HOME  >  サステナビリティ  >  環境  >  環境・気候変動への対応
このページを印刷する

環境

ポーラ・オルビスグループ 環境方針

ポーラ・オルビスグループの環境方針

  1. 商品のライフサイクルを通じて環境負荷の低減に努めます。
  2. 環境目標を設定し、技術的、経済的に可能な範囲で継続的改善と汚染未然防止に努めます。
  3. 地球環境を保全・向上させるために環境に優しい商品開発や事業所での省資源、省エネルギー、廃棄物の抑制に努めます。
  4. 環境に関する法律、県市町村条例・協定及び自主基準等を遵守します。
  5. 地域、社会との共生に努め、環境保全・向上活動を推進します。

お取引先での環境対応

ポーラ・オルビスグループのCSR調達ガイドラインにおいて、全てのお取引先に、エネルギー・資源使用の効率化、CO2排出量・水使用量・廃棄物の削減、環境汚染対応を含めた環境負荷低減及び生態系を含む環境の保護をお願いしています。CO2排出量、水使用量、廃棄物、環境汚染についてCSR調達ガイドラインに基づく、CSR調達アンケートにてすべてのお取引先さまに確認させていただいています。

ポーラ・オルビスグループ 環境対応の体制

ポーラ・オルビスグループでは、ポーラ・オルビスホールディングスCSR事務局が主体となり、環境の目標の達成のため、また環境に関する課題の改善のために、環境負荷低減目標を各グループ会社で作成をしています。この目標はグループCSR委員会で、内容の審議及びモニタリングを実施し、取締役会に報告しています。

気候変動への対応

TCFDへの賛同

ポーラ・オルビスグループは、美しい地球とともに持続的に成長していくためには、気候変動リスクに対応していく必要があると考えています。2021年気候関連財務情報開示に関するタスクフォース(TCFD)」への賛同をしました。TCFD提言に基づき、気候変動が事業に与えるリスクや機会の情報開示を行っていきます。

気候変動に関連する「リスク」と「機会」への対応

ポーラ・オルビスグループでは、脱炭素社会への移行に伴い不確実性の高い将来を見据えて、どのようなビジネス上の課題が顕在しうるか、2℃シナリオと4℃シナリオのそれぞれにおいてシナリオ分析を行いました。シナリオ分析は、当グループのすべての事業を対象に、中長期戦略に合わせて中期で2023年、長期で2029年(創業100周年)と設定、また超長期として2050年で考察しました。これには原材料調達を含めたバリューチェーン全体を考慮しています。

気候変動(CO2排出量削減)の目標・実績

ポーラ・オルビスグループは、SBTに基づき2029年までのCO2排出量の目標を策定しました。また、これらの目標は、グループの役員報酬とも連動をしています。

Scope1,2 CO2排出量 目標値 CO2排出量削減率目標 基準年(2019年)実績値 2021年実績
2029年 6,762t-CO2 42% 11,659t-CO2 7,985.16t-CO2
2023年 9,677t-CO2 17.0% 11,659t-CO2 7,985.16t-CO2
Scope3 CO2排出量 目標値 CO2排出量削減率目標 基準年(2019年)実績値 2020年実績
2029年 492,776t-CO2 30.0% 703,966t-CO2 376,429.41t-CO2

2021年〜2023年の3年間でCO2排出量(Scope1、2、3の合計)を4,484t-CO2削減することを目標としています

CO2削減の取り組み

Scope1,2でのCO2削減の取り組み

気候変動への適応策として省エネの取り組みを進めています。ポーラ化成工業の袋井工場とポーラの本社ビルでは、2021年に100%再生可能エネルギーに由来するCO2フリー電力へ切り替えました。また、ポーラ化成工業の袋井工場では、電力の使用量削減のために、設備のエネルギー効率や製造計画の効率化を図っています。

※再生可能エネルギーに由来する環境価値を活用することで、実質的に再生可能エネルギー100%とした電気

これらの取り組みの結果、日本における脱炭素社会への推進のため、2020年は再生可能エネルギー発電由来のJ-クレジットの購入を行っていましたが、2021年はJ-クレジットの購入を行う必要なく、CO2削減目標を達成することができました。

※J-クレジット:再生可能エネルギーの活用などの取り組みによる、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度です。

Scope3でのCO2削減の取り組み

当社グループの直接・間接排出のみならず、サプライチェーン上の間接排出も削減し、気候変動に適応しています。オルビスでは、通販・EC向け出荷作業の主要拠点「オルビス東日本流通センター」の通販用出荷ラインに自動搬送ロボットなどを導入、集荷から方面別仕分けまでを独自に自動化する取り組みを行い、約71tのCO2削減をしました。
ディセンシアでは、従来プラスチックで包装していたトライアルセットをFSC認証紙に2020年に変更しました。この結果約7.86tのCO2削減が見込まれています。

森林保護の取り組み

気候変動への適応策として、森林保護が重要であると考えています。「甲州市・オルビスの森」では、オルビスの社員らが(公財)オイスカと荒廃した森林の整備を行い、里山として再生するプロジェクトを2012年4月から継続して実施しています。また、ジュリークでも、自社農園での「バイオダイナミック無農薬有機農法」での植物の栽培と、ジュリークの土地での植樹活動を行っています。また、ポーラ・オルビスグループでは、FSC認証紙などの認証紙を使用しています。さらに、RSPOに加盟することによって、パーム油をめぐる環境・社会課題への対応を行っています。

プラスチックごみ削減の取り組み

化粧品容器には多くのプラスチック資源が利用されており、製品の廃棄時においてもCO2が排出されることから気候変動にも大きな影響を及ぼしていると考えています。ポーラ・オルビスグループでは2021年にプラスチック循環方針を定め、2029年までに化粧品プラスチック容器・包材について4Rに基づいた 100%サステナブルな設計にするという目標を決定しました。容器のリフィル化をはじめ、容器回収や再生プラスチックを使用するなどの取り組みを進めます。

※4R Reduce(使用量を削減する)、Reuse(繰り返し使用する)、Replace(他素材に置き換える)、Recycle(資源を循環し使用し続ける)

PAGE TOP