HOME  >  CSR情報  >  環境  >  環境方針、環境負荷の実績
このページを印刷する

環境方針

方針

ポーラ・オルビスグループの環境方針

  1. 商品のライフサイクルを通じて環境負荷の低減に努めます。
  2. 環境目標を設定し、技術的、経済的に可能な範囲で継続的改善と汚染未然防止に努めます。
  3. 地球環境を保全・向上させるために環境に優しい商品開発や事業所での省資源、省エネルギー、廃棄物の抑制に努めます。
  4. 環境に関する法律、県市町村条例・協定及び自主基準等を遵守します。
  5. 地域、社会との共生に努め、環境保全・向上活動を推進します。

体制

ポーラ・オルビスグループでは、ポーラ・オルビスホールディングスCSR事務局が主体となり、環境の目標の低減のため、また環境に関する課題の改善のために、環境負荷低減目標を各グループ会社で作成をしています。この目標はグループCSR委員会で、内容の審議及びモニタリングを実施し、グループ執行会議に報告しています。

目標

ポーラ・オルビスグループでは、2029年(創業100周年)を見据えCO2、水使用量、廃棄物の削減に努めます。それぞれ2015年を基準年として、2017年から2029年に向けて26%削減する目標を定め(売上原単位)、グループ執行会議で承認、グループ各社で取り組んでいます。CO2の削減にあたっては、CO2排出量の大部分がエネルギー使用によるため、エネルギー使用量も26%削減(売上原単位)を行っていきます。今後も原料調達や物流までスコープを広げ、管理するとともに、環境対応商品の開発を進めます。2018年のCO2排出量は16,476.3t、廃棄物総発生量は1,494t、水使用量は218,365m3となっています。

実績

実績

※ 売上原単位による従来基準値
※ 2018年より、一部未集計施設(直営店等)を推定し追加。

気候変動 CO2排出削減の取組み

ポーラ・オルビスグループは、CO2排出量の低減に努めています。スコープ1,2の把握、及びスコープ3のCO2排出量を算出しました。2018年度は、第三者認証を取得しました。

排出量の傾向

ポーラ・オルビスグループは、販売した製品の使用時と、ダイレクトセリングを強みとしたビジネスモデルであるため、物流にかかるCO2排出量が多い傾向があります。特にオルビスは通信販売の売上が約7割を締めており、物流におけるCO2排出量削減は課題です。

オルビス 再配達削減への取組み

近年、日本で再配達は配達の2割をしめているといわれ、再配達だけでもCO2に換算すると420,000tあるといわれています。オルビスは、再配達削減のために、宅配便からメール便への切り替えを一部の商品で始めました。その結果約23,000件の再配達が削減され、約14tのCO2削減につながりました。(2018年)また、オリジナルの宅配ボックスを5000個製作し、2019年7月よりモニター配布します。

オルビスのCO2削減の取組み

オルビスは、創業当初より地球環境に配慮した企業でありたいという想いを持ち続けており、お客さまにダイレクトに商品をお届けするECのプロセスにおいても環境配慮の課題に取組んでいかなければと考えていました。今まで、サイズ的に小さな商品でもご注文金額によっては宅配便でお送りしていましたが、小型のものはポストインできるメール便に変更し、再配達を削減しようと考えました。実施にあたっては、商品をお届けするスピードが若干落ちるなど、お客さまの満足度の低下も懸念されましたが、お客さまからは「不在時にも一度で受け取れるし、この取組みが社会課題の解決につながるのならばよいことだ」など、好意的なご意見もいただき、概ねトラブルもなく切り替えることができました。今後も宅配ボックスのモニター配布による再配達の削減など、オルビスはお客さまの利便性と、環境や社会によいことの両立を図っていきたいと考えています。

水使用量削減の取り組み

水を貴重な資源と考え、2029年までに水の使用量を26%(2015年比・売上原単位)削減を目標化しています。ポーラ化成工業では、ラインの切り替えを抑制できる生産計画と、放水弁の改良により単位時間当たりの放水を抑えることで、設備洗浄に使用する水を削減しています。ジュリークインターナショナルでは、工場の地下に雨水貯留タンクを埋め込み、トイレ等に使用することで約10%の水を削減しました。

廃棄物削減の取り組み

ポーラ・オルビスグループは廃棄物の削減に取り組んでおり、中でも生産の中心であるポーラ化成工業は全産業廃棄物の再資源化に取組み、2003年にゼロエミッションを達成しました。さらに産業廃棄物の有価化・減量化に継続的に取組んでいます。工場から排出された廃棄物を資源化し、社内緑化に活用しています。

廃棄物と有価率の推移(静岡・袋井事業所合算)

お客さまのゴミを減らす

お客さまのもとでの廃棄物を減らすために、1985年からポーラは高価格帯の化粧品容器にしてはじめてリフィル容器を作成し対応を行っています。また、オルビスでは、1987年より詰め替え用の化粧品の販売や、1990年より商品の梱包をフィルム袋にする簡易包装にするなど、早期より環境対応をしてきました。さらに2018年より配送箱7種と緩衝材の資材の削減を検討し、重さにして年間約100tの資源の削減ができました。

Jurlique 容器回収

ジュリークインターナショナルはオーストラリアの店頭で使用済みの化粧品容器の回収をしています。Terracycleとパートナーシップを提携し、一般的にはリサイクルが困難なポンプやチューブも含めてすべてのパッケージをリサイクルしています。また、空容器を持ってきていただいたお客様に10%割引させていただくことで、お客様の環境に関する意識向上にも努めています。2018年9月から4ヶ月で25,000ユニット、重さにして500キロの容器を回収しました。
ジュリークはオーストラリア政府が行っているオーストラリアパッケージ連盟から4年連続表彰されるなど、サステナブルな環境への対応に評価をいただいています。

教育

オルビス 「甲州市・オルビスの森」の里山再生

2011年1月、オルビスは、甲州市やオイスカと甲州市里山創造推進協議会を設立し、「森林整備協定」を締結。山梨県甲州市の市有林約100haを「甲州市・オルビスの森」と名付け、今後10年間、オルビスの社員らが荒廃した森林の整備を行い、里山として再生するプロジェクトが2012年4月にスタートしました。
今回のプロジェクトは、森づくりだけではなく、その広大な土地全体を、人々が集い自然と親しむ里山として再生することが最終目的です。2018年12月には、オルビスの環境保全活動に対し日本政府から紺綬褒章(褒状)を授与されるなど、2002年から国内外に渡り継続し、地域とオルビスを結ぶ活動へと発展しているこれらの活動に注目が集まりつつあります。

Jurlique 従業員との環境へのイベント「Tree Planting Day」

Jurliqueは自然の恵みを肌に届けるために、ひたむきに自然に向き合い取り組んできました。自社農園はブランドの原点であり、1985年の創業時から、私たちは「バイオダイナミック無農薬有機農法」を守り続けています。従業員一人ひとりが自社農場の大切さを分かち合い、環境の尊さに気付くため、2012年から毎年Tree Planting Dayを開催しています。毎年170人ほどの従業員が新しい木々を植え、過去に植林した木々の成長を観察することで、ビジネスの原点に立ち返り、気持ちを新たにモチベーションを高めるきっかけになります。
また、2018年にはTree Planting Dayが香港オフィスでも開催され、2019年以降もそれ以外のオフィスで順次開催されていく予定です。

PAGE TOP