HOME  >  CSR情報  >  環境
このページを印刷する

環境 Environmental

ポーラ・オルビスグループ環境方針

  1. 商品のライフサイクルを通じて環境負荷の低減に努めます。
  2. 環境目標を設定し、技術的、経済的に可能な範囲で継続的改善と汚染未然防止に努めます。
  3. 地球環境を保全・向上させるために環境に優しい商品開発や事業所での省資源、省エネルギー、廃棄物の抑制に努めます。
  4. 環境に関する法律、県市町村条例・協定及び自主基準等を遵守します。
  5. 地域、社会との共生に努め、環境保全・向上活動を推進します。

お取引先への環境方針

ポーラ・オルビスグループのCSR調達ガイドラインにおいて、全てのお取引先に、エネルギー・資源使用の効率化、CO2排出量・水使用量・廃棄物の削減、環境汚染対応を含めた環境負荷低減及び生態系を含む環境の保護をお願いしています。CO2排出量、水使用量、廃棄物、環境汚染についてCSR調達ガイドラインに基づく、CSR調達アンケートにてすべてのお取引先さまに確認させていただいています。

社会への提供価値と事業との関わり

ポーラ・オルビスグループでは、美意識を育み感受性を豊かにする、わたしたちを取り巻く地球環境を大切にし続けます。
当グループは、研究開発力やダイレクトセリングでのお客さまとの連携を通じて、サプライチェーン全体での環境負荷の低減を行っていきます。また環境負荷の低減と商品やサービスなどの美しさを両立していきたいと考えています。

認識している社会課題・
メガトレンド
地球温暖化(気候変動)
資源の枯渇
生物の絶滅危機
当グループの強み
研究開発力
ダイレクトセリング

目標実績

  • CO2排出量の削減
    2029年目標Scope1,2 (2019年総排出量)42%削減
    2020年実績値9,600t-CO217.7%削減
    2029年目標Scope3 (2019年総排出量)30%削減
    2020年実績値 388,685t-CO245%削減
  • 水使用量の削減
    2029年目標(2019年売上原単位)26%削減 2020年実績値(136.270m365.2m3/億円
  • 廃棄物の削減
    2029年目標(2015年売上原単位)26%削減 2020年実績値(1,464.9m30.59t/億円
PAGE TOP