HOME  >  サステナビリティ  >  環境  >  化学物質の管理
このページを印刷する

化学物質の管理

化学物質マネジメントについて

ポーラ・オルビスグループのポーラ化成工業は、化学物質の使用・管理において「PRTR法(化学物質管理促進法)」や「毒物及び劇物取締法の基準」「危険物取扱基準」などの各種法令を遵守し、人の安全と環境保全に配慮します。PRTR法で義務づけられた行政報告を実施するだけでなく、工場や研究所などで原料や試薬などの化学物質の法的な仕様・管理に加え、廃棄に対しても自主管理を徹底しています。

また、製品の調達から廃棄、リサイクルまでライフサイクル全体の環境負荷を抑える製品開発を行っています。

内容物エコスタンダード

薬機法や業界自主基準に則り、以下のような原料について自主基準を定め、環境対応を徹底しています。

  • 環境ホルモン対象物質
  • 資源枯渇の恐れのある動植物由来の原料
  • PRTR法対象原料
  • 大気やオゾンに影響のあるフロン
  • 難分解性原料

※現在、フロンは使用していません。

化学物質マネジメントの体制

ポーラ・オルビスグループの主力生産拠点であるポーラ化成工業 袋井工場では、有害化学物質の取り扱い責任者を定め、「化学物質管理手順書」をもとに管理を行っています。同手順書では、化学物質の保管手順、使用手順、廃棄手順、緊急時の対応、従業員のトレーニング(原則毎年実施)について定め、人の安全と環境保全を徹底しています。
袋井工場ではISO14001を取得しており、環境に関わる化学物質の管理については、毎年内部監査と外部監査を受けています。廃棄物の種類や量の実績は、広報誌を通じて、地域住民の方にお知らせしてます。

化学物質マネジメントの実績

PRTR法の対象となる化学物質

デカン酸・ドデシル硫酸ナトリウム・4−ヒドロキシ安息香酸メチル・ポリ(オキシエチレン)=ドデシルエーテル硫酸エステルナトリウム)いずれも取扱い数量が規定値未満

労働安全衛生

大気汚染など、環境予防保全の実績

ポーラ・オルビスグループでは、大気汚染防止のために排出ガスの排出量を抑制しています。またその他排水処理、騒音軽減等への対策を講じ、環境予防保全関連法規を遵守しすべて基準値を下回る実績となっております。

法令順守評価の実施 ※ポーラ化成工業 袋井工場

測定項目 法基準値
(※協定値)
自主基準 測定結果 評価
2021年上期 2021年下期
ボイラー 煤塵量(g/Nm3) 0.05以下 0.05未満 0.05未満
窒素酸化物(ppm) 100以下 23 23
排水処理 BOD(mg/L) ※20以下 18以下 1.6 1.5
COD(mg/L) 40以下 3.6 3.2
その他
水質基準
その他5項目の
各基準
その他5項目の
各基準
基準内 基準内
水道水 給水 51項目の
各基準
51項目の
各基準
基準内 基準内
井戸 40項目の
各基準
40項目の
各基準
基準内 基準内
騒音 昼間(dB) 65以下 65以下 50以下(11月)
夜間(dB) 55以下 55以下 42以下(11月)
振動 昼間(dB) 70以下 70以下 30未満(11月)
夜間(dB) 65以下 65以下 30未満(11月)

排水処理基準等の環境データを定期的に調査し、基準値内であることを確認
また、18法令64項目の順守評価と10法令34項目の行政届出の変更有無確認を実施

マイクロプラスチックビーズの対応

ポーラ・オルビスグループでは、洗顔料などに使用する「マイクロプラスチックビーズ」について環境面における影響を考慮し、2018年内に全て代替素材に切り替えています。

※ 角質除去や清浄の目的で、パーソナルケア製品に意図的に配合される。大きさ5mm未満、合成の非水溶性固体プラスチック粒子

PAGE TOP