HOME  >  サステナビリティ  >  ガバナンス  >  CSR賞
このページを印刷する

CSR賞

ポーラ・オルビスグループCSR賞は、日頃のCSR活動において積極的に取組んでいる団体、また個人の努力に対して敬意を表し、活動の発展を支援するために設けられました。2021年は、応募件数52件より、社長賞1件、優秀賞1件、努力賞3件を表彰しました。今年も事業活動を通じて社会の要請に応える活動が多く寄せられ、グループの持続的な成長をステークスホルダーと共に、進めてまいります。

2021年度(第15回)ポーラ・オルビスグループCSR賞活動報告

受賞 受賞対象 テーマ 取り組み内容と評価
社長賞 ポーラ お客さまの声を受け止め、企業価値へ活かす取組み

お客さまからいただいた声をもとに改善提案を「ベストプラクティス」として部署を横断で共有。お客さまからの良い評価や、外部評価につながりました。持続的な事業活動のために、ステークホルダーの声を聞き、改善することは必須であると考え評価しました。

優秀賞 オルビス 「甲州市・オルビスの森」10年計画完遂
〜甲州市・オイスカと共に〜

甲州市・オルビスの森を継続して10年間取り組み続け、里山を再生。金銭的援助だけではなく、従業員も参加するなど人的支援も行い続けたこと、外部評価もいただいていることを評価しました。

努力賞 ポーラ ミュージアム アネックス 日本赤十字社への寄付を目的にグループ初のチャリティオークション

当ギャラリーで関わりのあったアーティストとチャリティーオークションを実施。収益の全額を日本赤十字社へ寄付しました。オリジナリティの高い活動であり、文化・芸術を通じて人々に対して彩りのある人生を提供している点を評価しました。

努力賞 ポーラ 地域活性型ビジネスへの挑戦

ビューティーディレクターやショップオーナーを中心に、地域に根差した事業活動を行っており、女性起業家目線で、人口減少などポーラのビジネスを通じた社会課題解決に取り組んでいます。人の集まる場づくりなど、地域に根差したショップづくりをサポートすることで持続的な事業活動につながることも期待し評価しました。

努力賞 ポーラ化成工業 DIY コスメを実現する乳化技術の開発 -あなただけの化粧品をつくる喜びを-

家庭でも簡単に化粧品を乳化して作ることができる新乳化剤「M-ポリマー」を設計・開発しました。これにより革新的な乳化技術の研究を進め業界の発展に貢献するとともに、お客さまへ化粧品の新たな楽しみ方を提案していけることを期待し評価しました。

PAGE TOP