HOME  >  CSR情報  >  先端技術・サービスによるQOLの向上
このページを印刷する

先端技術・サービスによるQOLの向上

お客さまに「もっと楽しく、もっと心豊かに。人生を変えていくこと」を提供します。
そのために、先端技術やサービスを探求し続け、
予想を超えた「感動」の提供に努めています。

社会への提供価値と事業との関わり

ポーラ・オルビスグループは、先端技術・サービスによるQOLの向上を通じて、人々の感受性を刺激し、生活を彩る新価値の提供や、自然・コミュニティ・人とのつながりを社会に提供できると考えています。先端技術を追求すること、よりよいサービスを提供することは、事業としての独自性や優位性を確立につながります。

認識している社会課題・
メガトレンド
資源の枯渇(エネルギー、地球資源保全)
ステレオタイプの横行(多様性の尊重)
Z世代を中心としたサステナブル志向
当グループの強み
研究開発力
マーケティング
外部有識者とのリレーション

目標実績

  • 事業創出件数 目標(2023年)累計10
  • ワークライフバランスの質向上 目標(2029年) 2021年に目標設定
  • 研究受賞数
    目標累計10 2020年実績(2018年〜)累計5
  • 研究員数
    2029年目標120 2020年末実績68
PAGE TOP