HOME  >  CSR情報  >  ガバナンス  >  ステークホルダー・ダイアログ  >  第14回 ステークホルダー・ダイアログの開催報告
このページを印刷する

第14回 ステークホルダー・ダイアログの開催報告【ポーラ】

集合写真

実施日時 2017年11月14日
会場 (株)ポーラ本社イノベーションルーム
参加者 ポーラ
代表取締役社長  横手 喜一
取締役  及川 美紀
執行役員  熬J 誠一
他1名
ステークホルダー
早稲田大学大学院商学研究科  経営学博士・教授
谷口 真美
コーン・フェリー・ヘイグループ株式会社  シニア クライアント パートナー
山口 周

ステークホルダーからのご意見・ご指摘

谷口 真美氏  早稲田大学大学院商学研究科  経営学博士・教授

ポーラは、量を追う仕事から質を追う仕事へ転換されました。そのとき、マネジメントスタイルも「管理型」から「変革型リーダー」へ変わらなければなりませんが、本部の管理職はそこに悩んでいるのではないでしょうか。世の中を見て、この変化する外部環境の中でビジネスをどう作るか、そこに部下をどう巻き込むかを考える事業創造力が必要です。

山口 周氏  コーン・フェリー・ヘイグループ株式会社  シニア クライアント パートナー

ただやりましたはダメで、仮説を立てたうえでやってみること。そして検証して、うまくいったら広げて、うまくいかなかったら引っ込めるということをスピーディーにまわしていく。仮説と検証がセットで必要です。仮説力の精度を上げるには、経験や勉強は有効です。そして、大事なことは「自分で考えること」です。自分で仮説を立ててやってみて検証してその通りになった、それではもっと前に進めよう、というふうにすると仕事が面白くなるはずです。

PAGE TOP