HOME  >  CSR情報  >  ガバナンス  >  ステークホルダー・ダイアログ  >  第17回 ステークホルダー・ダイアログの開催報告
このページを印刷する

第17回 ステークホルダー・ダイアログの開催報告【ポーラ】

集合写真

実施日時 2020年9月28日
出席者 ステークホルダー
秋元 陸 氏
スタイラス ジャパン株式会社
Country Manager
石井 遼介 氏
株式会社 ZENTech 取締役
ポーラ・オルビスホールディングス(POHD)
鈴木 郷史
代表取締役社長
横手 喜一
取締役 海外事業管理室長
小林 琢磨
取締役
オルビス株式会社 代表取締役社長
及川 美紀
上席執行役員
株式会社ポーラ 代表取締役社長
末延 則子
執行役員(研究企画担当)
小川 浩二
執行役員(総合企画、IT、HR担当)

議論の主な内容

  • 企業理念である“感受性のスイッチを全開にする”「組織・チームの心理的安全性」の追求
    自由な発想や、イノベーショナルな研究体制、変革意識を阻害しない心理的安全性の高い経営・マネジメントへ変化
  • 「多様な働き方」の実現に向けた新たな人事制度設計、スキルアップ・雇用競争力の向上
    グループ内での副業やダブルワーク制度の設計、人事評価制度の見直し、コンピテンシー能力の再定義
  • 組織の時代から、「個人・個性が輝く」の時代へ
    役職や肩書に捉われず個人が活躍でき、約3,800名の全従業員の個性が発揮されるボトムアップ文化へ進化
  • 「ビジネスモデル・チャネル戦略」の見直し
    事業のメインであるオフラインチャネルの在り方の見直し(ブランド体験ができるリアル店舗の充実やDX戦略の構築など)
  • 「スピーディーに新事業をトライ&エラー」することと、撤退基準・再チャレンジの明確化
    化粧品の枠を超えた新価値創造に挑戦できる環境づくりと同時に撤退基準を明確にし、スピード感ある成果を創出
CSR情報
コーポレートレポート2019
ポーラ・オルビスホールディングス-Shareholders & Investors
PAGE TOP