HOME  >  CSR情報  >  ガバナンス  >  ステークホルダー・ダイアログ  >  第5回 ステークホルダー・ダイアログの開催報告
このページを印刷する

第5回 女性応援活動を通じ、企業価値向上を目指して 【ポーラ】

集合写真

ステークホルダー・ダイアログ

ポーラ・オルビスグループは、ステークホルダー・ダイアログを定期的に開催し、CSRを推進するうえで社会が求める企業のあり方とは何か、私たちの企業活動が社会の期待や要請と一致しているのかどうかを検討するための重要な活動の一つとしてとらえています。2013年もグループ主力企業であるポーラとオルビスそれぞれで社外のステークホルダーの皆さまにお集まりいただき、当社グループへの期待や課題についてうかがいました。

第5回  ステークホルダー・ダイアログを開催

テーマ 女性応援活動を通じ、企業価値向上を目指して

ポーラは創業以来、女性の美しくありたいという想いと、女性の社会進出を応援し続けてきました。今回は、提唱から3年目を迎えた「AAA(アンチエイジングアライアンス)宣言」について、社会の要請とずれていないかどうか、有識者の方々に活動内容の方向性を検証していただきました。
また同時にポーラの企業価値や企業文化をより多くの方に「共感」していただき、社会的責任を果たし成長し続けていくために、「AAA宣言」の効果的な情報発信について有識者の方々から貴重なご意見をいただきました。

AAA宣言

AAA宣言:アンチエイジングアライアンス宣言の略。今の自分に自信を持ち、明日の自分をもっと好きになること。そのために小さくても確かな情熱を積み重ねていくことこそ、真のアンチエイジングだと考えています。「いつも、いつまでも美しくありたい」と願う全ての女性たちのために、この宣言に共感し、共鳴してくれるメディア、企業、地域社会をはじめとする様々な分野とのアライアンス(同盟)を組み、すばらしい本物たちとの出会いを創造していきます。

実施概要

日時 2013年12月2日(月) 15:00〜17:00
会場 ポーラ本社5F 大会議室

ご参加いただいたステークホルダー代表の皆さま

写真

麓 幸子 氏
日経BP社
ビズライフ局長・日経ウーマン発行人

写真

錦織 信子 氏
(株)リクルートライフスタイル
Beauty総研

写真

川島 蓉子 氏
伊藤忠ファッションシステム(株)
ifs未来研究所所長

写真

司会
小澤 ひろこ 氏
国際統合報告評議会

(株)ポーラ

写真

小西 尚子
常務取締役、
AAA推進タスクフォース オーナー

写真

及川 美紀
執行役員、
AAA推進タスクフォース リーダー

写真

野田 満
組織拡充部部長

※肩書きは全て実施当時のものです

お客さまの声を吸い上げる仕組みづくりを

課題に対する答えはマーケットにある

小澤氏(司会)「AAA宣言」はスタートから3年目に入り、実践活動を通して社会への浸透に取り組まれていますが、ポーラではまだ認知が足りていないという実感を持たれています。まずはその課題に対するご意見をお聞かせください。

写真

麓氏「AAA宣言」をより社会へと浸透させるには、しっかりとマーケットの声を聞くべきです。その方法として、まずは最前線でお客さまと密接に関わっているポーラレディの意見や要望を直接吸い上げ、経営側と双方向でコミュニケーションが図れるプラットフォームが必要だと思います。なぜなら全国約15万人というポーラレディの存在はもはや一つの大きなマーケットと言えるからです。その声を聞き、検証することは、「AAA宣言」の認知度や活動の質を高めるだけでなく、事業の収益性という観点でも大きな力になるはずです。

写真

ポーラご指摘いただき、改めてお客さま、ポーラレディ、ポーラの三角形のコミュニケーションが重要だと考えております。ポーラレディについては早速アンケート等で生の声をキャッチしてまいります。お客さまを意識した活動としても、営業活動を通じたお客さまアンケート等、直接お声をいただく機会を継続して設け、お客さまとの関係性を紙媒体、ホームページを使って、社会へ積極的に発信していきます。

しっかりと伝わる端的なメッセージが必要

写真

錦織氏仕組みづくりも重要なことですが、その前に、ポーラレディ一人ひとりが「AAA宣言」を“自分ごと”としてとらえ、参画意識が醸成されるような取り組みを行っていくことも必要だと思います。まずはポーラの状況や考えを、ときにはマイナス情報も含めてしっかりと伝えることからポーラレディとの会話を始め、約15万人一人ひとりがポーラを愛し、連帯感が高まるようなチャレンジを始めてみてはいかがでしょう。

写真

川島氏お客さまの声を得るには、「AAA宣言」に込められたメッセージがお客さまへしっかりと伝わっているのかどうかを再検討する必要があると思います。真面目だけれどもなじみにくい“アンチエイジングアライアンス”という言葉より、ポーラの自由闊達な社風を反映した楽しさがあふれ出すようなメッセージのほうが伝わります。印象に残り、気軽に口ずさめる端的なフレーズを、ポーラレディを含めた全従業員から募集するなどの方法をとると、参画意識が芽生え、活動の波及効果も期待できると思います。

  • 1
  • 2

次のページへ

PAGE TOP