HOME  >  グループについて  >  ごあいさつ
このページを印刷する

ごあいさつ

世界中の人々に笑顔と感動をお届けしたい。 代表取締役社長 鈴木郷史

ポーラ・オルビスグループは、化粧品事業を中心に個性豊かなマルチブランドで構成された企業グループです。

「喜ばれることに喜びを」−1929年のポーラ創業以来、私どもは常に直接お客さまに寄り添うことで、その時代に対応した商品・サービスを提供してまいりました。
今では「POLA」と「ORBIS」の両基幹ブランドを中心に、百貨店ブランドの「THREE」、「Amplitude」、「FIVEISM × THREE」、「ITRIM」、敏感肌専門ブランドの「DECENCIA」、また海外ブランドの「Jurlique」「H2O+」といった個性豊かなブランドを持ち、日本、アジアをはじめとする世界各国にて多様な販売チャネル・価格帯で事業を展開しております。

2020年12月期の国内化粧品市場は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う店舗休業や外出自粛により、対面型店舗での消費行動は著しく落ち込みました。このような厳しい国内事業環境の中、ポーラや育成ブランドにおいてECの推進を加速させることで、国内EC売上高は大きく伸長しています。また、海外では、中国市場において早期に需要が回復し、大幅な海外事業の成長を実現することができました。2021年からの新中期経営計画では足元の事業基盤を固めつつ、海外事業とEC事業を成長ドライバーとし、持続的な成長に向けた期間と位置づけています。

また、世界経済の動向は未だ予断を許さない状況が続くものと見ていますが、新しい生活様式の浸透、消費者の購買行動の変化は後戻りすることなく今後も進むと考えられます。この難局を乗り越えるには、デジタルテクノロジーの応用や新たに生まれる消費者ニーズに応える新製品・新サービスの提供、新領域の開拓といった取組みが極めて重要であり、これらの課題解決に注力していきます。

感受性のスイッチを全開にする

ポーラ・オルビスグループは、創業100周年にあたる2029年を見据えて掲げた「感受性のスイッチを全開にする」というMissionのもと、「ブランドひとつひとつの異なる個性を生かして世界中の人々の人生を彩る企業グループ」というVisionの実現を目指してまいります。
私どもの化粧品やサービスだけでなく、様々な体験、情報、文化、アートなどの独自価値の提供を通じて、人々の感受性を刺激し、人生を変えるほどのきっかけを与える企業グループとして革新を続けてまいります。

代表取締役社長 鈴木郷史
PAGE TOP