展覧会

過去の展覧会 詳細

「チェーザレ~破壊の創造者~」
惣領冬実 原画展
2013年9月18日(水)-9月29日(日)

©惣領冬美/講談社

©惣領冬美/講談社

『チェーザレ~破壊の創造者~』は、2005年より講談社「モーニング」で連載が開始された、超本格ルネサンス歴史漫画。
レオナルド・ダ・ヴィンチが惹かれ、マキァヴェッリが理想としたルネサンス史上最も美しい伝説の英雄、チェーザレ・ボルジアをめぐる物語。
2013年4月発売の10巻までで累計130万部突破の大ヒットを記録。

歴史の闇に埋もれた英雄の真実を調べるため、監修にイタリア文学・イタリア史研究者の原基晶氏を迎え、本邦未訳のG・サチェルドーテの手になる伝記を翻訳しながら、歴史を精査し描く。また舞台となるイタリア、フランスでも翻訳版が発行されている。
惣領冬実氏が描く15世紀ヨーロッパの世界は、美しく繊細でありながらも、激動の時代を力強く生きていく主人公チェーザレや取り巻く人々を丹念に追うことによって、漫画の域を超えて21世紀に華麗なルネサンスの息吹を甦らせています。

作家プロフィール
惣領 冬実(Fuyumi SOURYOU)

1982年「別冊少女コミック」(小学館)にてデビュー。
少女漫画のジャンルで複数のミリオンセラーを出す。
代表作に『ピンクなきみにブルーなぼく』『ボーイフレンド』(第33回小学館漫画賞受賞)『MARS』など。
2005年モーニングにて『チェーザレ~破壊の創造者~』連載開始。

実際の展覧会の模様はこちら

  • 「チェーザレ~破壊の創造者~」 惣領冬実 原画展の模様1
  • 「チェーザレ~破壊の創造者~」 惣領冬実 原画展の模様2
  • 「チェーザレ~破壊の創造者~」 惣領冬実 原画展の模様3

  • 「チェーザレ~破壊の創造者~」 惣領冬実 原画展の模様1
  • 「チェーザレ~破壊の創造者~」 惣領冬実 原画展の模様2
  • 「チェーザレ~破壊の創造者~」 惣領冬実 原画展の模様3

PAGE TOP