展覧会

過去の展覧会 詳細

selfish ; yuko sugimoto
2013年10月4日(金)-11月4日(月・祝)

©yuko sugimoto

©yuko sugimoto

過ぎていった時代がどんな空気を含んでいたのかを知るには、もっとも人気のあったメディアを辿れば良い。1990年代は、間違いなく、雑誌だった。その眩しい媒体に描かれたイラストには人々の欲望が加味されている分、写真よりも明るく時代を映すのかもしれない。
イラストレーター・杉本祐子が描いた女性たちのポップさ。洋服を着替えるたびにスタイルを提案し、髪型を変えるたびに躍動感が生まれる。ピンヒールを履いた8頭身の女性は華やかな世界に住んでいて、時代の先端を歩いていた。
ポップなインテリアやファッションアイテムを纏った姿には、時代を映すだけでなく、どこか普遍的な価値が宿っている。それは、繊細でシンプルなタッチによって描き出された美しきイラストたちが、杉本祐子という女性が生きた時代の証明でもあるからだ。

作家プロフィール
杉本 祐子(Yuko SUGIMOTO)
イラストレーター

1967年大阪生まれ。大学卒業後、美術家・森村泰昌氏の「女優」シリーズ撮影チームのメイクアシスタントなどを経て、95年ごろからイラストレーターに。
雑誌『VOCE』の巻頭コラムのイラストをきっかけでブレイク。以降、地元・大阪を拠点に雑誌・広告・化粧品のパッケージデザインなどで活躍。
無類の美容好き、ファッション好き、猫好きで知られ、イラスト界のショッピングの女王とも。ファッション感度の高いイラストは、現在、活躍する若手イラストレーターにも多大な影響を与えた。
2011年永眠。

実際の展覧会の模様はこちら

  • selfish ; yuko sugimotoの模様1
  • selfish ; yuko sugimotoの模様2
  • selfish ; yuko sugimotoの模様3

  • selfish ; yuko sugimotoの模様1
  • selfish ; yuko sugimotoの模様2
  • selfish ; yuko sugimotoの模様3

PAGE TOP