展覧会

現在公開中の展覧会

時の花 - イイノナホ展 -
2019年1月19日(土)-2月17日(日)
11:00-20:00(入場は閉館の30分前まで)
入場無料/会期中無休

イイノナホ氏のガラス制作のきっかけは、小学生の時ガラスのビー玉をエポキシ接着剤でつけて作ったガラスの作品が東京都の工作展に入選したことから始まります。その後、武蔵野美術大学卒業し、シアトルのガラススクールで学んだ後、「イイノナホグラスガーデン」を設立。1997年から個展を中心に制作活動を行っています。
イイノ氏の作品は全て手吹きで製作されており、ガラスの持つ繊細さと手作業から生み出される暖かさを兼ね備えているのが特徴です。タイトルの「時の花」はその時を盛りに咲く花という意味を持つ古い言葉であり、全てのものは変化し続けて、同じところにとどまることはなく、その時々に精一杯咲いている花と自分とが重なる、というイイノ氏の想いが込められています。

プロフィール
イイノナホ
1967年
北海道洞爺湖温泉町生まれ、東京四谷育ち
1990年
武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業
1996年
pilchuck glass schoolで受講

Curtiss Brock氏に師事(シアトル)

2019年
東京千駄ヶ谷にフラッグシップショップをオープン予定

主な展覧会

1997年
個展 CACギャラリー(下北沢)
1999年
個展「散歩中」スパイラルマーケット(青山)
2003年
個展「Heart」ギャラリーフェヴ(吉祥寺)
2006年
個展「水と空の間」ギャラリーフェヴ(吉祥寺)
2006年
香水展 エコール・デ・ボザール(パリ)
2007年
個展「SUNS」ギャラリーミタテ(西麻布)
2009年
個展「高揚」ギャラリーフェヴ (吉祥寺)
2011年
個展「OPAQE」ギャラリーフェヴ (吉祥寺)
2012年
ガラスとヒカリ出版記念展 /全国巡回
2013年
個展「灯」ギャラリーフェヴ (吉祥寺)
2014年
個展「イイノナホガラス展」ギャル百草(多治見)
2014年
個展「白い息」伊佐ホームス ギャラリー蔵(世田谷)
2015年
個展「TODAY」くるみの木(奈良)
2016年
個展「KODAMA」ギャラリールヴァン(目白)
2016年
個展 collective Design(NewYork)
2017年
個展「Prologue」オリエンタルデザインギャラリー(広島)
2018年
個展「Very Sweet」House of Tobias Jacobsen (大阪)
2018年
個展「It waits inside of silence」ギャラリーフェヴ(東京)

PUBLIC WORKS

三井デザインテックマンションアートワーク(横浜)
三井不動産マンションアートワーク(梅田)
シャンデリア設置 new museum of contemporary art (NewYork)
シャンデリア設置 クレマチスの丘 TREE HOUSE(三島)
シャンテリア設置 フルーツハウス岡山(岡山)
永代供養塔モニュメント設置 妙覚寺(新潟)
その他 シャンデリア個人宅納品多数

著作

2006年
作品集「水と空の間」六耀社
2014年
作品集「イイノナホの灯り」fevebooks
2017年
作品集「ガラスとヒカリ」 mille books

PAGE TOP